吐瀉物を流した時は?

何かのイベントなどでお酒を楽しみながら飲んでいたけど、ハメを外してしまい、お酒を飲み過ぎてしまい、気分が悪くなりトイレで吐いてしまったという経験のある人は多くいるかと思いますが、当然吐瀉物も詰まりの原因の一つです。

吐瀉物は体内の胃液で分解されますが、当然トイレに流しても溶ける事はありません。ごく少量ならそのまま下水に流れていく事もありますが、沢山食べた状態でもどしてしまうと、ほとんど固形のままトイレに流してしまう事になるため、排水溝の中で詰まってしまう可能性は十分にあります。気分が悪くなりもどしてしまう事はしょうがない事であり、誰もがなってしまう可能性がある事ですが、余裕がもしあるのであればエチケット袋を使用した方がいいかと思います。

また、トイレにもどしてしまった場合で、ある程度の時間が経ち、トイレの流れが悪くなってきたと感じてしまったら、出来るだけ早い内に専門業者を呼んだ方が、後々のトラブルも防ぐことが出来ます。そのままほうっておくと、完全に詰まってしまい、逆流してしまう可能性は十分にあるため、その様な状態を防ぐ為にある程度の時間が経ったら、定期的に水回り専門業者にみてもらった方がいいかと思います

ティッシュペーパーはどうなの?

トイレに流してはいけないもので、ほとんどの人が一度は流した事のあるものでティッシュペーパーも当てはまります。トイレに駆け込み大便をした後に、紙がないと慌てた経験のある人はいるのではないでしょうか?そんなときにバッグやポケットにティッシュペーパーが入っていたら、ホッと一安心をして、ティッシュペーパーを使うと思いますが、それも出来ればやめてほしい行為。何度も何度もティッシュペーパーをトイレに流してしまうといつか必ず詰まりの原因になってしまいます。

しかし、何故ティッシュペーパーをトイレで流してはいけないのだろうと疑問を覚える人も当然いるかと思いますが、その理由はティッシュペーパーとトイレットペーパーの構造上の違いにあります。トイレットペーパーはトイレで流すことを前提に作られているので、水に溶けやすく、細く短い繊維で作られていますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくく、長く細い繊維で作られています

繊維が短ければすぐにほどけて流れやすくなりますが、繊維が長ければほどけにくく、また水に溶けにくいのでその場で貯まっていってしまいます。その為ティッシュペーパーもトイレに流してしまうと詰まりの原因になってしまうのです。

トイレに流していいもの

基本的にはトイレに流しても問題無いものは、人間の便とトイレットペーパーと水になり、この三つ以外の全ての物を流してしまうと詰まりの原因になってしまいます。吸い殻や他の物ならわかるが、これしか流せないと思ってしまう人もいるかと思いますが、原則的にはこれだけです。

この三つ以外でトイレに流した事があるという物はペットの便。室内で決められた場所にある室内トイレを使っているペットは関係ないのですが、外に散歩に連れていき、外で出したペットの便をトイレ流したことのある人はいるのではないでしょうか?同じ便だから大丈夫と考えてしまう人も多くいるかと思いますが、ペットの便には多くの体毛が含まれている場合が多くその体毛がトイレの詰まりの原因になってしまいます

また、ペットの便には多くの有害な菌が含まれていることも多く、トイレに流してしまうとそれが原因でそのトイレを使った人間に本来かかるはずがない病気になってしまう事もあり得ます。ペットの便をトイレに流してしまったことのある飼い主は多くいると思いますが、トイレの詰まりの原因を作ってしまうだけではなく、様々な病気になってしまう可能性も高くなりますので絶対にやめておいた方がいいかと思います。

トイレのつまりの原因とは?

誰もが普段何気なく利用しているトイレ。現代社会ではトイレの無い生活は考えられないほど当たり前になっており、逆にトイレが無い生活を考えたことがない人の方が少ないかと思います。そんな私たちの身近にあるトイレですが、どの家庭でも一度はトイレが詰まってしまうトラブルに遭遇してしまった事はあるかと思います。

排便の際に詰まってしまう事もごく稀にありますが、トイレのつまりの原因はトイレに流してはいけないものを流してしまいそれが原因で詰まってしまうということが多いです。トイレットペーパー以外はトイレに流したことが無いという人も当然多くいるかと思いますが、それ以外のゴミをトイレに流したことがあるという人も当然いるかと思います。排便の際に、何かが落ちてしまい便と一緒に流れてしまったり、タバコの吸い殻を一緒に流してしまえと便以外にも流した事もいるはず。

トイレに流してはいけないものとわかりながらも多分大丈夫だろうと考えた事はありませんか?それはもちろん絶対にダメ。トイレの詰まりの原因になってしまいます。トイレで流してもいいものはしっかりと決まっており、それ以外の物を流してしまうと詰まりの原因になってしまいます。これぐらいなら流しても流れるからという安易な考えは詰まりの原因になってしまいますので、絶対にやめておきましょう。今回は、トイレに流していいもの、流してはいけないものを紹介していきます。特に流していけないものは要必見。流した事のある物も確実に含まれているかと思います。