ティッシュペーパーはどうなの?

トイレに流してはいけないもので、ほとんどの人が一度は流した事のあるものでティッシュペーパーも当てはまります。トイレに駆け込み大便をした後に、紙がないと慌てた経験のある人はいるのではないでしょうか?そんなときにバッグやポケットにティッシュペーパーが入っていたら、ホッと一安心をして、ティッシュペーパーを使うと思いますが、それも出来ればやめてほしい行為。何度も何度もティッシュペーパーをトイレに流してしまうといつか必ず詰まりの原因になってしまいます。

しかし、何故ティッシュペーパーをトイレで流してはいけないのだろうと疑問を覚える人も当然いるかと思いますが、その理由はティッシュペーパーとトイレットペーパーの構造上の違いにあります。トイレットペーパーはトイレで流すことを前提に作られているので、水に溶けやすく、細く短い繊維で作られていますが、ティッシュペーパーは水に溶けにくく、長く細い繊維で作られています

繊維が短ければすぐにほどけて流れやすくなりますが、繊維が長ければほどけにくく、また水に溶けにくいのでその場で貯まっていってしまいます。その為ティッシュペーパーもトイレに流してしまうと詰まりの原因になってしまうのです。